2010年5月18日 (火)

黄金週間2010 その4

さて、2人と別れてあとは青森からフェリーに乗って函館に向かうだけだったのですが、時間は16時前。
日没にはまだ少し時間があるし、フェリーまではまだしばらく時間があったので行ってみました、弘前。
目的はもちろん・・

100538
弘前公園の桜です。
満開にはあと少し、といったところだったのですがそれでもこの有様。
さすが日本でも有数の桜の名所だけはありますな。

100537
園内に入る前から桜並木がお出迎え。

100539
ソメイヨシノがほとんどみたいです。

100540
でもちゃんと垂れ桜もあるのですよ。

100541
やはりお城をバックに、1枚は押さえておきたいのです。

100542
出店ももちろんたくさん出てます。もう夕方だからこんな感じですが、昼間来たら身動き取れなかったかも。

100543
ところでこの桜、見事でしょう?

100544
なんと日本で最大の幹の太さを持つ桜の木だそうです。幹の周りで537cmだから、3.14で割ると・・171cmの直径があるということです。人一人の背の高さぐらいですかね。
スゴイ!

今回の東北旅行はここまで。
いつもと違い、あえて近場に絞ってみましたが、かなりゆったりと旅を楽しむことができました。
いつだかの弾丸ツアーみたいなのも楽しいですが、たまには時間に余裕のある旅もいいものです。

来年はどこに行こうかなぁ。

・・・・・・まだ終わりじゃないですよ。
旅はおうちに帰るまでが旅なんですから。

100547
函館です。夜景です。なんと朝3時過ぎです。
フェリーの空きが無くて青森発22時なんてのに乗る羽目になり、函館に着いたのが朝(?)2時。
ここで損した、と思わずに函館山で夜景を見られる、と考えられるのが私のいいところ(笑)
予想通り展望台には人影もまばら(それでも数人がいたのは驚き)だったので、三脚立ててゆったりと撮影できました。
我ながら満足の1枚です。


さて、この後は国道5号線を北上し、時々仮眠を取りながら帰ったのですが、途中落部でふと思い出して、とある有名撮影スポットへ。
100548_2

トワイライトEXPです。
前回来たときは運転日じゃなくて撮れなかったのですが、今回はちょうど運転日に当たったので撮ってきました。
ちょっとガスがかかってしまったのが残念ですが、まあまあ満足のいく1枚に仕上がりました。

この後は本当にどこにも寄らず、家に帰りました。
これにて2010年の東北旅行は完了です。
ちなみにこの旅行での走行距離は約2,000km。この日数にしては少なめかな(笑)

※余談ですが、苫小牧の自宅で昼過ぎまでひと寝して、帯広の実家に顔出しに行きました。
 我ながらタフだよな〜

| | コメント (0)

2010年5月 8日 (土)

黄金週間2010 その1

お久しぶりです。いや、ホントに(笑)

今年はGWがきっちり1週間取れてしまったので、東北に行ってまいりましたよ。
元々学生時代八戸に住んでいたので、勝手知ったるといった感じで気楽な気分で走り回ってきました。

100502
出発は29日の夜。地元苫小牧から出航です。家からフェリーターミナルまで10分かからないんですよ〜


100501
明けて30日、八戸着です。朝4時台です。やっぱり眠いです。


100504
今回は国道45号を南下しつつ、気になるものがあればその都度クルマを止めてみる、そんなまったり旅です。
最初に止めたのはここ陸中野田駅。三陸鉄道の駅です。


100503
ちょうど通学時間だったみたいで高校生がたくさん乗り込んでいきました。
なんかのんびり旅なんかしてると悪いみたい(^_^ゞ

100505
三陸鉄道はこんな車両です。う〜んローカル。

100506_2
ちなみに駅の中にはこんなポスターが。
「鉄道むすめ」がお出迎えなのですよ。


100507
お次は三陸海岸有数の景勝地、「北山崎」です。


100508
最近は観光地もバリアフリーが進んでいて、この展望台も駐車場から車いすでも乗り込めるよう配慮されていました。
それにしても良い天気。晴れ男、ここに健在(笑)


100509
これがリアス式海岸だ!  と言わんばかりの断崖絶壁が延々続くのです。
う〜ん火曜サス○ンス劇場(笑)


100510
展望台の端にはこんな案内が・・
階段の段数を見てちょっと悩みましたが、降りてみました。


100511
いいんですよ、上から見る分には。でも戻ってくるときにはもう地獄でしたよ。さっきの展望台まで戻ってからしばらく動けませんでした・・orz

100512
ところで、ちょうど桜の見頃の時期に当たったらしく、行く先々で桜を見ることができました。
やっぱり桜は良いねぇ。


さて、さらに南下して宮古まで来ました。
100513
浄土ヶ浜です。真っ白い石が敷き詰められた海岸を見た昔のえらい人が「極楽浄土のようだ」と感嘆したことからこの名が付いたそうです。
確かにここまで白い浜はなかなか見られませんね。

100514


100515
この浜は砂浜ではなく石が敷き詰められているのですが、その色がまっ白なのですよ。
夏場は海水浴場になるそうですが、サンダル必須ですな。

100516
観光地らしく連絡バスが走っているのですが、これがまたノスタルジックなボンネットバスだったりするのです。タイミングが悪く、乗ることができなかったのがちょっと残念。

100517
ここでも桜がお出迎えです。


さて、ここからは山道を越えて盛岡に向かったのですが、なぜか道中ずっと雨でした。
まあ特に見るところも無かったのでいいんですけどね。

100518
その盛岡でやや遅い昼食です。
盛岡冷麺、学生時代に一度だけ食べに来て以来だから10数年振りです。
唇がヒリヒリするほどの辛さが実によい。うまかった〜。


さて、この辺で1日目は終了です。八戸まで戻って1泊しました。
昔は平気で夜通し走ったものですが、さすがに無理が利かないというか無理しようと思わなくなってきています。歳のせいもあるでしょうが、旅はゆったり楽しみたいと考えるようになってきているようです。

次は2日目、今度は青森県北部へ向かいますよ。

| | コメント (0)

2010年1月 8日 (金)

南国沖縄一度はおいで

もう1年近く前になりますが、沖縄に行ってきました。
会社の60周年記念事業ということで、希望者とその家族を招待したのです。

もちろん私も連れて行ってもらいましたとも(笑)

0901
前々からこんな海を見たいと思っていたので、願ったり叶ったりで最高の旅でした。

0920
この色はやっぱり他じゃ見られないからね。

0921
ただ、帰ってからこの写真を見せたら「バスクリン?」て言われました。
んなわけあるか〜!(>_<)

0922
天気も良くて最高の気分でした。

0916
ところで、今回は3泊4日で行ってきたのですが、1日は自由行動だったのでレンタカーを借りてあちこち回りました。今回の相棒はシビック・ハイブリッド。一度乗ってみたかったんだ〜

0918
1番最初の写真はこの橋の上から撮ったのですが、あまりの景色の良さに1時間以上この辺をうろついていました。良い景色っていくら見てても飽きないんですね〜

0923
所変わって「美ら海水族館」です。
元々は海洋博覧会の会場だったのをそのまま常設の水族館にしたそうです。

0925
エントランスを入ると正面に海が見えるようになっています。心憎い演出ですな。

0926

0927

0928

0929

0930
中に入ると、それはもう様々な海の生き物たちが待っているわけで、じっくり見てたらあっという間に時間が経ってしまうので要注意(笑)ですよ。

中でも圧巻だったのはやはりこれ
0902
大水槽です。窓の大きさと人の大きさ、そしてジンベイザメの大きさを比べるとそのすごさがよく分かりますね。

0932

0933
ところでこの大水槽のガラス・・ではなくアクリル板を重ねたものなのですが、なんと厚さが600mmもあるのです。しかもその厚さをまったく感じさせない透明度、技術的にも驚きの連続でしたよ。

0934

0935
屋外のプールではイルカのショーもやっていて、なんとも愛想の良いイルカたちなのですよ。

0903
そしてこの大ジャンプ。フレーミング、シャッターチャンス、露出、すべてにおいて100点満点の良い写真が撮れました。

さて、沖縄は日本では最南端、最西端の県ですが、当然最南端のアレや最西端のアレもあるのです。
0908

0909

0910
これで東西南北、日本のすべての端っこの駅を制覇しました!

で、その最南端、最西端を走っている鉄道が・・
0906

0905
「ゆいレール」こと沖縄都市モノレールなのです。
意外でしたね~モノレールとは。
でも結構浸透しているみたいで、観光客よりも地元の人たちの足という印象でしたよ。

0907


さて、沖縄にも名物は多いのですが、これを食べてきました。
09ex2
首里そばです。沖縄そばの1種、でいいのかな?
首里城のすぐ下のお店なのでそう呼ばれているんだと思います。ここは会社の先輩に連れてきてもらいました。おいしかったですぅ。

ところでそばの隣の炊き込みご飯ですが、
09ex3
「じゅうしい」だそうです。なんでそう呼ぶかは分かりませんでしたが、とにかくそう呼んでいるそうです。

もちろん首里城にも行きましたよ。
0914
琉球王国のお城、ということで本土の地味な城とはかなり印象違いますね。

0915
玉座、なのかな?赤をベースに派手な色遣いの装飾が印象的です。

さて、実に楽しかった沖縄旅行ですが、トリはこんなので
0937
現在の国道ではラストナンバーにあたる国道507号です。

景色に感動し、歴史に驚かされ、名物に舌鼓を打ちつつもネタも忘れない。
これが私の旅のスタイルです(笑)

でも、本っ当〜に良い旅でした。また行きたいなぁ。

| | コメント (0)

弾丸ツアー

さて、転勤が決まってすぐに思いついたのが、
「やばい、まだ行ってない県がたくさんある!」
という事でした。(他にもやることは山ほどあったのに、やっぱりバカ?>自分)
中でも九州は北海道から行くには遠すぎて、「こりゃいかん」と思い立ち、まだ踏破していない長崎、佐賀県に出向くことにしました。
(※沖縄には実は行ってるんですが、それについてはまた後日)

01

普通、東京から九州というと大抵は飛行機なのですが、そこはやはり鉄分多めの自分のこと、まだ乗っていなかった「サンライズ瀬戸/出雲」に乗ってみたくなるわけですよ。
ちなみに今回は会社にも一切言っていなくて、有給も使いたくなかったので、金曜の夜出発、日曜日中に東京に帰る強行軍を敢行しました。だから「弾丸ツアー」です。


03


02

このサンライズ、前回熊本まで乗った「富士/はやぶさ」と比べるとまさに隔世の感がありますね。
確かにBソロだと狭いことは狭いのですが、どうせ寝るだけのスペースだしこれで十分なのですよ。
設備は近代的だし窓は広いし、言うこと無しですよ。

05
こんな風にミニロビーもあってかなりいい感じでした。

ところで、今回は目的地が九州なので、サンライズは岡山で下車して新幹線で博多に向かいました。
朝ごはんは駅弁でしたが、岡山出身の知り合いに教えてもらった「祭すし」をいただきました。

07
海鮮ちらしずし、といった感じでおいしくいただきました。これで¥1,000ならお得かも(笑)


06
博多着。土曜日の朝です。
実はですねぇ、せっかくレールスターなのに「自由席」に乗ってしまったのですよ。
このレールスター、グリーン車は無いのですが、指定席は4列シートでかなり快適なのですよ。なのによほど慌てていたのか、指定を取らずに自由席に乗ったらシートが「5列」でした・・・orz


気を取り直して長崎に移動です。
どういうわけかレンタカーで移動したのですが、後から考えると電車の方が良かった・・かも?

10
まずは大浦天主堂。
晴れてますねぇ。晴れ男の異名は伊達じゃないみたいです>自分


11
その後は近辺を散策し、この「相生地獄坂」を発見してしまいました。
ええ、おもしろがって昇り始めたのが運の尽き、その名の通り地獄のような苦しい坂でしたよ。

12
でも登り切ったところから町並みを眺めるとご覧の通り。
地獄の後にはご褒美が待っていた、というわけです。

ただ、この写真の下の方にカバーが見えると思いますが、これは坂を登り切った所から2分ぐらいの所にある観光用のエスカレーターなのです。あんなに苦労して昇って来たのに・・・orz とガックリしてしまったのは秘密です。
ふんっ、歩いて昇った方が景色に価値が出るもんさ、と無理矢理思ってみたり・・


さて、長崎と言えば・・
13
そう、ちゃんぽんです。
せっかくなので「ちゃんぽん発祥の店」四海楼でお昼ご飯です。

14
これがまたデッカイ建物で、もっとこぢんまりとした店を想像していたのですが、あっさりと裏切られましたね。
でもちゃんぽんはさすがにうまかったですよ。


15
長崎は坂の多い街ですが、海辺の平坦なところでは路面電車が活躍しています。


16
平和記念公園。長崎に来たからには、日本人として脚を運ぶべき場所ですね。
園内の石碑に原爆投下当時小学生だった女の子の作文が記されているのですが、当時の惨状をリアルに伝える内容で、自然と涙があふれてきました。
ここには書きませんが、長崎に立ち寄ることがあれば是非見てきて下さい。


17
長崎駅です。これでまた1つクリアー。


18
佐賀駅です。長崎が予想以上に面白くて大幅に時間オーバーしてしまったため、とりあえず駅舎だけ(しかももう真っ暗)写してミッションコンプリート。


19
明けて日曜日。宿は博多駅近くに取っていたので福岡空港に行く前に博多駅を一枚。
何やら工事してますね。今頃完成しているのだろうか?
ちなみに帰りは福岡から飛行機で帰りましたよ。


というわけで、これで九州は全県制覇なのですが、やっぱりちゃんと見ると1カ所半日はかかるんですよねー。結局グラバー園は入らなかったし・・・
今度はゆったりと行ってみたいな。佐賀は全然見てないし(笑)


ちなみにこの時点で残る県は4つ。島根・高知・和歌山・福井。近いうちに踏破したいな〜

| | コメント (0)

2008年11月 9日 (日)

う宮!

仕事で富士市に行ってきたのですが、今回は夜勤だったので昼間に少し空き時間がありました。
そこで行ってきました、お隣富士宮市。
ここの名物は焼きそばです。


02


ここの焼きそばは普通のとはちょっと違っていて、麺の製法が違うのと調理法に特徴があるのです。
詳細はこちら↓
http://www.umya-yakisoba.com/fyakitoku.htm
すごい「濃い」HPです。全部読むにはかなりの時間が必要かも。

コシのある焼きそばなんて初めて。おいしかったですよー。


01


03


食べてきたのはここ、「お宮横丁」です。ここの向かいには「浅間大社」があって、富士山を御神体として祀っています。だからお宮。
何件ものお店が集合していて、焼きそば屋も2,3件か入っていて、余裕があればハシゴしてみたいです。
横丁の入口には富士山からの湧き水も用意してあって、これまたおいしい水でした。


04
「浅間大社」です。大きなお社ですな。


ちなみに富士市ってことで、ついでにこんなのも。

500full
500系新幹線 全編成です。天気悪かったり、カメラの設定ミスって失敗したり、3日通ってやっと撮れました。

それにしても、夏(!)の富士は暑かったですよ〜

| | コメント (0)

2008年5月20日 (火)

会津といえば

喜多方ラーメン食べてきました。

080505_2


やっぱり名物は地元で食べるに限る!
てことで喜多方市まで行って食べてきました。
麺が平たくてややちぢれているのが特徴です。たぶん手打ちです。
スープはあっさりめのしょうゆ味。美味でございました。


080502_2


ちなみにこの日、会津はバッチリ雨でした(T_T)
磐梯山も半分しか見えてません。


080504_2


せっかくだから猪苗代湖をぐるっと1周してきました。
たぶんここら辺は普通の人も通らないんじゃないかな?でも救急車は走っていましたが。

※新潟から喜多方に最短距離で走る場合、国道459号線を通る
 のですが、これがまた国道とは思えない道路でして・・
 幅は1台分、川の脇なのにガードレール無し、カーブミラー連続、
 1速必須のUターンみたいなコーナーも多数存在する特Aクラスの
 激辛ワインディングロード。そんな区間が結構続いているので、
 堪能させていただきました。
 走るのに夢中で写真撮り忘れていたのはナイショ・・

| | コメント (0)