2010年5月16日 (日)

黄金週間2010 その3

さて、3日目は青森から出発し、昨日合流した後輩達と3台で北に向かいましたよ。
津軽半島を海沿いにひたすら走り、目指すは竜飛崎なのですがそこはやっぱり私のこと。
ついつい寄り道を・・

100551
高野崎です(たぶん)。向こうにうす〜く見えてるのが下北半島です(たぶん)。
今日もいい天気。


ところで、この旅の最中に、我が相棒が190,000kmを突破しました。
100521
もうすぐ20万km。前に乗っていたろどすた1号車が20万kmちょっとで「鹿」に当たり全損したので、いよいよその記録を突破できそうです。
・・・鹿には気を付けなくちゃね(笑)


道中、青函トンネル入口公園に寄ってみました。
100522
その名の通り、青函トンネルの入口に設置された見学公園で、トンネルを出入りする列車を間近で見ることができます。
この時も4~5人が見に来てましたね。
100523
ちょうど函館行きの特急が通過していきました。
このトンネルが開通してからもう20年以上になるんですよね。当時中学生だった私もいまや立派なおっさんです。時の経つのは早い・・・


本日の目的地、竜飛崎にあります国道339号線、通称「階段国道」です。

100524
「階段国道」ってちゃんと書いてある・・・

ちなみに入口はこんな感じ
100525_3
なんかホントに普通の住宅地の路地なんですよ。

100526_2
なんで階段が国道なのかというと、昔々この辺の道路に国道としての認可を与えるお役人が、現地をろくに見ずに地図だけ見てこの道路(というより路地)を国道に指定してしまったらしいです。
普通なら地元が訂正を求めるところですが、何を思ったか「コレは珍しいからそのままにして、階段国道として売り出してしまおう」と考えた人がいたとかで階段国道として今に至るという話です。
とはいえ、生活通路だった階段を観光客向けに整備したのは国道としていされてからかなり後のことだったんですけどね。


100527_2
ですから、今のように有名になる前はまさに知る人ぞ知る珍スポットだったのです。

ちなみに、国道ではありませんが階段の上まではちゃんと町道がつながっていて、車で行けるようになっています。
だから国道339号は実際には車で全線を通り抜けることはできません。あしからず(笑)


100528
竜飛崎灯台です。この日は特別に灯台の内部を公開していました。
ちょっとだけ見てきましたよ。


さて、竜飛崎を離れ、日本海側に向かいます。
100529
オープンカーなのでデジカメを後ろ向きに撮ればこういう写真も可能です。
もちろん、ドライバーは画面を見るわけにはいかないので、結果は運任せですよ(笑)

100530
写っているデカイバイクは前回紹介した後輩のハーレーです。ちなみにエンジンは1600ccだそうで、私のロードスターと200ccしか差がありません。加速じゃまったくかないませんて(T_T)


100552
その後ろはもう一人の後輩H君のアコードユーロRです。無限のパーツを追加し、なかなかいいセンスに仕上げてありましたよ。


南下を続けているとこんな風景が・・


100535
馬?


100531
間違った、こっちの写真だ。
全然ノーマークだったのですが、つがる市の亀ヶ岡公園です。密度はそうでもありませんが、かなり広い範囲に桜があって、いい公園でした。

100534


100533_2
たまたま立ち寄った場所でこんなにきれいな桜を見れるなんて、うれしいものです。

この日はここまでで2人と別れたのですが、この後函館に渡るフェリーまで時間があったので寄り道していきました。(つづく)

| | コメント (0)

2008年8月29日 (金)

九州旅行 その2

さて、その2です。

2日目〜3日目は鹿児島近辺をウロウロしてました。


42
鹿児島駅です。なんと鹿児島中央駅を撮り損ねたので代理(笑)ですが。
いくらなんでも・・というぐらい中央駅との差が大きいです。八戸駅と本八戸駅ぐらいの差があります・・・ってこれ見てる人の中で1/3ぐらいの人は分からないかな?

44
その鹿児島駅から路面電車が走っているのですが、これまたバリエーションが豊富で、見ている人を楽しませてくれますね。


今回鹿児島まで来て、ぜひとも食べてみたかったものがあるんです。

82
鹿児島名物(と書いてある!)「しろくま」です。
水曜どうでしょうの中でも名企画の一つ「対決列島」において、最大の目的でなおかつ最終決戦の際に使われた、大きなかき氷です。

81
なんと750mlものボリュームです。本当はお店の中でちゃんとガラスのカップに入れて食べさせてくれるのですが、ここはあえてどうでしょうでも登場したカップで買いました。
見ての通りのデカさで、無理して食うと挫折しそうだったので、ゆーっくりと1時間以上かけて頂きました。


83
ごちそうさまでした。おいしかったですよ。フルーツもたっぷり入ってるし。

これを10分そこそこで食べ切った「ミスター」鈴井さんと「魔人」藤村Dが果てしなく偉大に思えたのでした。

80
ちなみにこの「しろくま」を売っている「むじゃき」はこんな感じ。
しろくまさんがお出迎えです。
通販もしてるんですよ。興味が湧いた方はぜひ!

84
ちなみに「むじゃき」のある天文館にも路面電車が走っています。これは連接低床型のタイプですね。なかなかにカッコいいです。

※ここで「天文館?」と思った人、wikiでもgoogleでも調べてみるといいですよ。結構面白い話が乗ってますから。

さて、この後はもう一つの目的地へ向かいました。
86

85
九州最南端、佐多岬です・・・と言いたいところですが、着いた時間は朝6時、果たして岬への道路にはバリケードがあり、その先は有料道路になってるんです。
ただそれだけなら金払って通ればいいんですが、なんと営業時間が8:00〜17:00!
どこの役所だよorz

この後のスケジュールの都合もあり、断念して戻りました(T_T)
しかもここに至る道のひどいこと。落石や倒木で道がふさがれてるわ、サルは道の真ん中でくつろいでるわで、なんともかんとも。


37

38
戻る途中で立ち寄ってみました「佐多岬漁港」だったかな?
本土最南端の港、ってことでこれで許して下さいm(_ _)m
ちなみに今回の相棒は新型のFitです。よく走るし中は広いし、言う事無いですね。


87
ところで、鹿児島に戻る途中にこんな標識というか看板を発見しました。
そうか・・宗谷岬から2700kmか。宗谷岬も知ってる私としては感慨深いものがありましたね。

さて、そのまま鹿児島湾をぐるっと回って帰るとかなり時間食いそうだったので、垂水からフェリーに乗りました。

40

41
桜島のすぐ脇を通過するのですが、全然見えませんでしたね。残念です。

45
鹿児島と言えば(?)この人、西郷隆盛です。町中で立っておられます。

46
後は国道3号と、


47
国道10号です。


この後は電車に乗って一路博多を目指します。

その2はここらへんまでで。次回その3をお楽しみに。

| | コメント (0)

2008年5月20日 (火)

新兵器

また変な物を・・・


01


02


「い〜れこ」ことEASY RECORDER2です。
ヤマダ電機で¥1,980で処分してたのを拾ってきました。

ええと・・メモリースティックに映像を録画する機械です。
説明終わり。

ってそれだけじゃだめ?
このレコーダーの触れ込みは「PSP、iPodで再生可能な映像を手軽
に保存」ということで、PSPの映像フォーマットに準拠したMPEG4
でリアルタイムにエンコードできるのです。
最高画質で768kbps/30fpsだから、大画面で見るには向かない
けど、PSPやiPodぐらいの画面なら全然オッケーです。
入力がコンポジットだけと言うのも潔し。
ワンセグ放送並みと考えていいかな?
残念ながらH.264(AVCHD)では保存できないので、圧縮率はもう
ひとつですが。

これで録画した映像はPSPに差し込んでそのまま見られます。
これ自体カードリーダーでもあるので、パソコンに接続すれば
取り込んでそのままiPodに移す事もできます。
パソコンで編集するのに比べればかなーり楽です。気に入り
ました。

「M4V00005.MP4」をダウンロード

試しにHV20で撮って、D端子でレコーダーにダビングした映像を
い〜れこで録ってみました。いかがです?
確か最高画質じゃないのでややノイズ多めですが・・
ちなみにアスペクト比(縦横比)が変なのは元々横長の映像を4:3
で録画したからで、今のところ仕方ないです。
(というか設定変更がめんどくさいだけ・・)

※PSPで見ればバッチリ16:9で見られますよ。

| | コメント (0)

2007年11月23日 (金)

生まれ故郷・・でもネタは鉄

先月(いきなりこの振り・・)
の始め、仕事で苫小牧まで行ったので、ついでに帯広に寄ってきました。
ええ、私ことあんいちは生まれも育ちも北海道は帯広なのですよ。
ホントは毎年ラリージャパンに合わせて帰省してるのですが、今年は仕事が入ってしまい行けなかったので、良い機会だと思い、立ち寄る事にしたのでした。


071002

天気も良かったのでドライブです。
十勝川というのは、十勝を代表する大きな川なのですが、この河口大橋の近辺にはなんと民家がほとんどありません(笑・・なの?)


071001

なにせ堤防がこんな感じですからねぇ。
ま、愛すべき我が故郷、ですからね。こんなゆったりさが好きです。

St01

で、その帯広に新型の特急車輛がやってきました。ちょうどこの日(10/1)から導入されたということもあり、


St03

こんな式典の準備もしてましたね。私は見て来なかったけど(笑)


St02

前から見るとこんな感じ。なかなか精悍な顔つきですな。
実はこの車輛、元々稚内行きとして製作されたものを増備してスーパーとかち用にも配置したということなのです。スーパーおおぞら用の振り子車輛に比べると製作のコストが安上がりだそうです。
なんでも今まで使っていた車輛がいい加減古くなってきたので、入替という意味もあるみたいです。


さて、せっかくだからもひとつネタを・・・


01

02


こちらも新型、「スーパーカムイ」でございます。
今まで「スーパーホワイトアロー」だった列車を車輛もネーミングも丸ごとリニューアルしたという、珍しいタイプのモデルチェンジをした列車です。

こちらもちょうど初日に見かけただけじゃなく、ほんの数分(南千歳−新千歳空港)だけですが、乗る事ができて、かなりラッキーでしたね。おろしたての電車なんて初めて〜(^_^)


☆今回の帰省ではとても古くからの友人と本当に久しぶりに会う事ができて、短い時間でしたがとっても楽しく過ごすことができました。ありがとうね。また会おう!

|